貢献
地域への責任

創立者 Robert Breuning(ロバート・ブロイニング)の姿勢を受け継ぎ、コメートグループは、本拠地であるベージクハイムを支援し、地域の学校や社会施設と直接関わり、良好な関係を築き、保ち続けることが、企業としての義務であると考えています。


また、コメートグループが全株を所有するロバート・ブロイニング財団(Robert-Breuning-Stiftung)は、ベージクハイムの高齢者ケアセンターへの支援事業などを手掛けています。


さらに、ロバート・ブロイニング財団は、教育にも力を入れており、エスリンゲンとシュトゥットガルトの大学の学生の住宅事情改善に努めています。これらに加え、コメートグループは、工学および技術部専攻する大学生、博士課程の学生を、資金面でサポートする Festo 教育基金にも寄付を行っており、学生たちが、目標に向かい、学業に専念できるように、サポートしています。